年度末の忙しさ。

いいお天気であったかい。

そんな中、お休みだったので、上野公園に足を運びました。

お目当ては、ヘブンアーティストの龍之介さん!



スポンサーリンク

「始発電車を待ちながら」で空気が変わる

1時間の演奏だったけれど、いいお天気の公園でライブ感覚を楽しめるなんて最高。

少し風が強めだったけれど。

(不思議ちゃん発言をしてしまうと、人間は自然の中の存在なので、自然のものの気質をそれぞれ持っているという話があります。そして私は「風」気質らしい(と自分勝手に思っている)ので、「風」とはつながれる気がしていて、「風さん、少しおとなしめにお願いします」と思ってみたら、すこーし風の勢いがやわらいだような気がしました。気がしただけかもです; はい、ここまでカットでOKです)

 

演奏が始まって、何曲目だったかな、「始発電車を待ちながら」が始まった途端、いきなり空気が変わった気がしました。

何度も聴いたことがある曲だし、いつもそれほど入り込むことがなかったのですが。

なんだろう、私の思い込み?

音の勢いが変わったというか。

 

そして、曲がずんずん心に響いてきました。

「始発電車を待ちながら」は、終電を逃してしまって、始発電車を待つという内容。

情景が映像として描かれた

電車に乗ろうとすると、駅員さんに終電が行ってしまったことを告げられる。

そのときの感情が、心にじわーっと伝わってきました。

電車に乗れれば、待ち人がいるかいないかわからないけれど、とにかく自分を受け入れてくれる、安らげる場所に帰れるのに。

「今夜はそこに帰れない」

と知らされることで、安らぎの場への道を断たれてしまう切なさ。

 

缶ビールをひざに抱えて野良猫に話しかける……、という表現から、しゃがみ込んで夜を過ごしている様子がわかります。

そして『擦り切れた心が汚れてくよ』という表現から、決していい状態ではないことが想像できます。

つまり、「いいことがあって浮かれて飲みすぎちゃって終電を逃しちゃった~!てへっ、失敗!」な、心境ではない。

「ちょっと憂うつ」な気持ちを抱えていて、さらに安らぎの場への道も断たれてしまって、夜明けを待つ。

そして、きっと大切な人である『”君”に遭いたい』という感情があふれ出す。

 

似たような経験をしたことがあるわけではないのに、情景に心が重なって、ゆさぶられました。切ない。寂しい。自分を見失いそうだけど、見失いたくない。だから「君に遭いたい」。

真昼の月の下で

かつてないほど「始発電車を待ちながら」を聴いて感動し、涙しました。

そしてラストは「ロマンチストの月」。

いいお天気の昼間の公園で、見上げるとお月さまがいました。

龍之介さんは夜が似合うイメージだけれど、昼間の月を見上げながら聴くのもGOOD♡

その見上げた月が、上記の写真です。

やっぱり龍之介さんワールドは、あったかくて、熱くて、癖になります。

素敵なひとときをありがとう、龍之介さん!

また近いうちにー!

 

活動内容は公式サイトからチェック!⇒ https://www.ryu-web.jp/

 

流れを変える、意識を変える☆
書いて描いて弾いて占います。
複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう