本と映画と音楽と。

~心を潤すやさしいモノたち~

Category

「みんないってしまう」山本文緒|失って得て忘れて流されていく

山本文緒さんの「みんないってしまう」を読み返した。 短編集「みんないってしまう」… Continue Reading →

令和元年午前3時、しとしと雨の渋谷にて

新元号に変わるというので世間は大いに盛り上がっていたけれど、個人的にはそれほどで… Continue Reading →

根岸外国人墓地「死と向き合うのではなく、共に歩んでいく」

横浜市にある「根岸外人墓地」に行ってきた。 きっかけは、先日紹介したドキュメンタ… Continue Reading →

ヨコハマメリー「白塗りの老婆」愛と混乱の時代を生きた娼婦

ヨコハマメリーをご存じでしょうか。 上の写真のように白塗りの厚化粧をして、横浜で… Continue Reading →

「つまずきやすい日本語」飯間浩明|言葉の自由性を考える

「つまずきやすい日本語」飯間浩明著を読みました。 飯間さんは国語辞典編纂(へんさ… Continue Reading →

投資家が「お金」よりも大切にしていること|今のエネルギーが未来を変える

投資家が「お金」よりも大切にしていること(藤野英人著)を読んだ。 私は経理事務の… Continue Reading →

強いメンタリティを身につけろ!「なぜ君たちは一流のサッカー人からビジネスを学ばないの?」堀江貴文

「なぜ君たちは一流のサッカー人からビジネスを学ばないの?」堀江貴文著、ワニブック… Continue Reading →

中学生の頃|”悲しみの果てにやさしくなるほど優雅な気分じゃない”けどね

中学生の頃のことを、いくつか書いてきましたが、2006年の11月に書いた記事を、… Continue Reading →

「国家の品格」藤原正彦著|「なんで人を殺しちゃいけないんですか」

2006年7月1日に他のブログに書いた記事を転載。(元記事削除済み) ある高校生… Continue Reading →

「多動力」堀江貴文|そういえばカチカチのスポンジケーキが美味しかった

今更ながら、「多動力」堀江貴文著(幻冬舎)を読んだ。 その中のひとつ「手作り弁当… Continue Reading →

© 2019 本と映画と音楽と。 — Powered by WordPress

Theme by Anders NorenUp ↑