2006年7月1日に他のブログに書いた記事を転載。(元記事削除済み)

ある高校生が、

「なんで人を殺しちゃいけないんですか」

という質問をした時、そこにいた大人たちは誰も答えられなかったという――、

ということについて、以前、他のところで思うことを書いたのですが、「国家の品格」(藤原正彦著、新潮社)を読んでいたら、このエピソードについて書かれていたので、再びこのことについて私が思うことを綴ってみようと思いました。



スポンサーリンク

「なんで人を殺しちゃいけないんですか」

「国家の品格」の中では、

『人を殺してはいけないのは「駄目だから駄目」ということに尽きます。「以上、終わり」です。論理ではありません。このように、もっとも明らかのように見えることですから、論理的に説明出来ないのです』

と書かれています。

私がこのことについて思うことが”論理的”なのかどうかわかりませんが、いえ、たぶん少しも”論理的”ではないのかもしれませんが、私は思うのです。

まず考えてみましょう、

「人を殺したら罪になる、というルールを作ったのは誰?」
って。

……私たちの先祖ですよね。

では、なんでそんなルールを作ったのか?、と考えてみます。

「好き勝手に人を殺しても罪にならなかったら、人間社会の発展は望めない」
からです。

仇討ちも、現在の日本では罪になりますから。(1873年(明治6年)2月7日、敵討(仇討ち)禁止令発布)

人間社会のルール

そりゃ、気に入らない人もいるでしょう。

あいつさえいなければ、って思ってしまうこともあるでしょう。

でも人が、感情の赴くままに行動し、人を殺してしまっても誰からも咎められず、その罪を償う責任すら科せられなかったら、大変な世の中になってしまう、人間社会崩壊になってしまいます。

だから私たちの先祖は、人を殺したら罪になる、というルールを作ったのではないでしょうか。

しかし、一言で人殺しとはいっても、それぞれの事情があり、罪の重さを一定にするのは逆に不公平になるので、裁判で罰の重さを決める、というルールを更に作ったのではないでしょうか。

「命の重さ」という視点で考え始めると、
「人間を殺したら罪になるのに、私たちは豚肉や牛肉を食べている。その動物たちの命は重くないのか?」
などという話になってしまいます。

――ここでまた、考えてみましょう。
「人を殺したら罪になる」
人間社会のルールなのです。

人間以外の動物については、別の問題です。

 

「人をなぜ殺してはいけないのか」
それは、
「人間社会の発展のため」
です。

そのために、私たちの先祖がルールを作ってくれたのです。

ルールがおかしいと思うなら、変えていけばいい

時代が変わり、そのルールはおかしいと思うのなら、意見を出し合って変えていけばいいのです。

受身でいないで、自分たちで作り上げていこう、変えていこう、と考えていけばいいのです。

より良い世の中になるように。

今更なのですが、「国家の品格」はいろいろ考えさせられます。

 

ちなみに品格ある国家の指標は、

1.自らの意志に従って行動の出来る独立国であるということ。
2.高い道徳
3.美しい田園
4.天才の輩出

だそうです。

国家の品格 (新潮新書)

国家の品格 (新潮新書)

藤原 正彦
734円(12/10 18:19時点)
発売日: 2005/11/20
Amazonの情報を掲載しています

 

複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう