「龍之介 ライブツアー 2014秋 “SONG” ~Reach for the Light~ TOUR FINAL!」
に行ってきた。

最近、結構ズンドコ(どん底の変化形)にいた私、
あったかい龍之介さんライブに行きたい!
と強く思ったのだ。

行くたびに龍之介さんが強くなっている、
揺るぎないパワーを感じる。

変な小技じゃなくて、
直球で伝わってくる、太く、力強い魂。

前半一曲目から涙うるうる。

途中の「jumpin’ JACK Flash」和み、
また途中の「Love in vain」で、ストーンズつながりで再びブライアンを想う。

(ストーンズもカバーしているので)
「ロックンロール イズ ナンバーワン」
でストーンズの曲名が連なるところでまたまたブライアンを想う。

思った通り、会場はあったかい雰囲気に包まれて、
泣きながら笑って、
自分がここに居られること、
居ることを許されていることに幸せを感じた。

私は何度、こんな瞬間に救われてきたことだろうか。

龍之介さんが「大丈夫」という言葉を繰り返す。

曲の中でも、トークでも。

「大丈夫」

なんて、励まされる言葉なのだろう。
不安につぶされそうになった時、
「大丈夫だよ」
と誰かからかけてもらった一言で、どれだけ心を軽くしてもらってきたことだろう。

こんな素敵な空間に居られて、励まされて、幸せを感じることが出来て、
私はへこたれちゃいけないなあ、
まだまだ頑張れるはずだし、下向いてる場合じゃないよね、
と思った。

私はまだ自分の役目、全然果たせてない。

例え心傷つくことがあっても、
悪いことばっかりじゃなくて、あたたかいものはたくさん私の周りにあって、
そんなふうにノーテンキに、ほわほわしている方が、
落ち込んでいるより、何かに怒ったりしているより、
ずっと私らしい、と音楽を通して教えてもらっている気持ちになれた。

後半はぼんやりとライブを楽しんでいたのですが、
「夢を見上げて」
で、また涙腺決壊。

♪あなたの瞳が 涙で閉ざされても 心の瞳で見つめて 光が降る あの雲の隙間を♪

ライブの空間に居て、
自分の心がどんどんどんどん、
どんどんどんどん軽くなっていくのを感じた。

なんて素晴らしき龍之介ワールド☆彡

そして私は思ったのだ。
キレイゴトだと言われようが、笑われようが、なんだろうが、
”この世は愛に満ち満ちている”

アンコール2回目のラストの曲!!

「ドントウォーリーマイフレンド」
”大丈夫!!”



スポンサーリンク


↓ポチっとよろしくです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう