以前にもこの曲については書きました。
さだまさしさんの「風に立つライオン」
あらため聴いて、また感動して、そして考えてしまいました。

以前書いた記事はコチラ。
http://kaiteki9.info/2010/05/13/kazenitatulion-4/

実在の医師がモデルになっている曲です。

恋人を残し、アフリカで診療をする医師。

決して恋人が大切ではなかったのではなくて、自分はこういう生き方しかできなかったのだと歌う。

♪診療所に集まる人々は病気だけれど 少なくとも心は僕より健康なのですよ
♪やはり僕たちの国は 残念だけれど何か 大切な処で道を間違えたようですね

戦後の何もないところから、日本人たちは「平和」で「豊か」で「自由」な国を目指して頑張ってきた。

自分たちの子供たちには、孫たちには、自分たちのような想いをさせまいと、頑張ってきてくれたのだ。

それなのに、何を間違ってしまったのだろう。

死に物狂いで頑張ってきてくれたはずなのに。

そして間違ってしまったのなら、現代を生きる私たちは何をしたらいいのだろう。

どうしたら間違いを正していくことができるのだろう。

ここまで頑張ってきてくれた方たちに続き、今度は私たちが頑張らなくてはいけない。

いきなり大きなことは出来なくても、個人レベルで出来る事からでも。

できないできないと言っているばかりでは、何も変わらない。



スポンサーリンク


↓ポチっとよろしくです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう