書きたいことがいくつかあるのですが、まずはこのことを。
龍之介さんのライブに行ってきました。

龍之介さん言うところのスンズク(注:新宿)の「SACT!」というライブハウスでした。

ここのロゴ? キャラクター? がワタクシ、ツボでした。

いい味出してる!

↓このコです。(勝手に掲載しちゃって大丈夫かな?? ドキドキ)

ちゃんと「これ(コースター)、頂いてもいいですか?」って聞いて、持って帰ってきました。

このライブハウス、不思議な空間でした。

大抵のライブハウスは、ステージが前方にあって、観客はステージに向き合いますよね。

ところがこちらのライブハウスは、真ん中にアーティストがいて、客席が360°ぐるりんと、アーティストを取り囲むようになっているのです。

つまり、アーティストの後姿しか見られない席もあるわけで。
(モニターはあるのですが)

大きな会場なら、それもアリだと思うのですが、
小さなアットホームな感じのライブハウスなのです。

要するに、ステージなるものが、存在しない感じで、なんていうか、
「今日、歌でも歌おうと思うんだ。よかったら来ない?」
みたいなノリで、ホームパーティーに招待されて、それで音楽を聴かせて貰っているような、
アーティストとの距離感がとっても近い感じの、ライブでした。

ステキでした^^

そんな雰囲気の中、すっかりリラックスしながら、だらだらと、程よくお酒が入ったいい気分で、心地よい音楽の夜を過ごしました。

帰りがけに少しお話をしたら、
「ブログ、書いてますよね」
って言われて、
うわ~、嬉しい! ここ、読んで頂いたことがあるようです!

私、一応、ここで記事にしたことは、出来るかぎり、その関係者や本人に伝えるようにしてはいるのですが、
そんなの無視されても当たり前なわけなので……、
無条件に、う、嬉しいです。(>_<、)

このブログ、こんな感じの割にはアクセス数は結構あって、検索ワードにも結構ひっかかるようで、
読んで頂けるのはとっても嬉しい反面、
「気持ちを引き締めて書かなくちゃ」
などと思ったりもします。

別に堅苦しくなる必要もないと思うのですが。
この夜の龍之介さんは、Creedence Clearwater Revivalのカバーを1曲、やってくれました。
「Have You Ever Seen The Rain?」

「うわ~、ブライアン、CCR(Creedence Clearwater Revival)だよ!」
って、思わず心の中で歓喜の声をあげました。

何故なら、 「ブライアンゆかりの曲たちCD」にも書いたように、CCRは、ブライアンがストーンズ脱退後、新しいバンドのモデルとして考えていたというバンドなので。

――龍之介さん自ら、日本語に訳したという「Have You Ever Seen The Rain?」、 感動的でした。

ライブ中のトークでも出た、発売中の「ROCK JET」を買ってきました。

ストーンズの「ならず者」特集も載っています。

ブライアン以降のアルバムはほとんど持っていない私は、もちろん(笑)「メイン・ストリートのならず者」は持っていませんが、記事を読んでいたら、聴きたい気持ちにかられました。

龍之介さんのインタビューが載っています。

「鳩よ」のエピソードを読んで、電車の中で涙ぐんでしまいました。

あれ? でも何故、私はこの曲が広島にまつわる曲だって知っているんでしたっけ?

ライブのトークで聴いたからかな??

龍之介さんはこのアルバムの制作中、
「もう歌えなくなるのではないか」
という病気になってしまったそうです。

そして、もしも歌えなくなってしまった自分から見たら、歌えている自分は「幸せな御伽噺の登場人物」みたいなのではないかと思ったのだと。

失ってみて(失いそうになってみて)、あらためて気付ける幸せってありますよね。

そして「御伽噺」というフレーズから、ふと思いました。

私は、今過ごしている日々が、実は全部夢なのではないかって思うことがあります。

本当の自分はまだ母親のお腹の中にいて、その産まれる前の自分がみている夢。

人生が終わるところで夢が終わって、
『オギャーッ』
とこの世に産まれてくる、その時には夢のことは全て忘れている。

夢でみたはずなのに、幸せも、失敗も成功も忘れてしまっている。

――なーんて思っているのも、夢だったりして。

夢であれ、現実であれ、
今ある幸せを、きちんと、感じ取っていたいです。

もう一度、
素敵な音楽の夜をありがとう、龍之介さん♪

そんな流れで、今回はこの曲、CCRの「Have You Ever Seen The Rain?」を聴きましょう♪
名曲です。



スポンサーリンク


↓ポチっとよろしくです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう