映画「ゆれる」を観た。
(原案・監督・脚本:西川美和、キャスト:オダギリジョー、香川照之、他)

――あの橋を渡るまでは、兄弟でした――

自由奔放に東京で好きな仕事をし、好き勝手な生活を送る弟(オダギリジョー)。

田舎に残り、家業であるガソリンスタンドで働く、実直だけが取り柄のような兄(香川照之)。

母親の一周忌のため、実家に戻ってきた弟は、幼馴染だった女性に再会する。

ヨリを戻す2人。

ところが、その女性には兄も思いを寄せていた。

3人でドライブに出かけた先の渓谷にあった吊り橋から、女性が落下する。

吊り橋の上に残された兄。

事故だったのか? それとも兄が突き落としたのか?

弟は真相を見ていた。

**この先、ネタバレになってしまうので、これから観ようと思っている方は読まないでくださいね**

上演中、引き込まれるように観ていた。

巧みな心理描写、誰の気持ちもみんなわかる、っていうふうに感じていた。

ところが、観終わった後、納得しないものを感じた。

私の理解力が低すぎるせいかもしれませんが、結局、一番の肝心要である、「真相」がよくわからなかったのだ。

兄は突き落としたのか? 突き落とさなかったのか?

弟の証言は真実だったのか? 嘘だったのか?

兄がついていた嘘というのは、なんだったのか?

観終わった時にはこう思った。

弟の証言は嘘(つまり兄は突き落としていない)。

弟はただ保身のために、嘘をついた。

そのため兄は有罪になった。

これはつまり、アホでチャランポランな弟と、バカみたいに人がいい兄のお話なのだろうか?

無罪の兄を有罪にしてしまう弟、それを受け入れる兄……、こんな展開、普通に考えて、おかしすぎる。

そんなに浅い映画なの?

納得いかない私は、本屋さんでノベライズをパラパラと立ち読みした。(買えってば;)

ノベライズ読んで、納得!

そうか、そうだったのか!

そういうことなら、納得できる。

浅くなんてない、それぞれの心情がよくわかる、素晴らしいストーリーだ。

**更にネタバレになります。**

兄は突き落としたのだ。

弟はそれを見ていた。

でも、兄を思う気持ちからというより、自分が殺人犯の弟になりたくないという気持ちから、事故ということにしようと兄を説得する。

兄は、そんな弟の本心に気付いていた。

兄は弟に言われたとおり、証言する。

兄がついた嘘というのは、これだ。 弟に指示された「嘘」。

弟の計画通り、兄は無罪になりかける。

ところが、兄弟は心理的にぶつかりあい、弟はいきなり「真実」を語りだしてしまう。

「兄は嘘をつくような人じゃない。本当の兄を取り戻したい」と。

弟の証言により、一転して兄は有罪になる。

弟は殺人犯の弟、になる。

兄弟は互いに真実を背負ったのだ。

刑期を終え、兄の出所の日となる。

最初はためらいながらも、迎えにいく弟。

道を歩いていた兄を弟は見つけて、追いかける。

声をかけても届かない。必死に叫ぶ。

兄の目が弟を認める……

***************

余韻が残る、素晴らしい映画でした。

役者さんたちの熱演にも拍手。

でも正直、映画のほうは、もうちょっと説明があるとわかりやすかったかな。

それがないのが、この映画の良さにつながっているのかな。

ん?
あとは、そう、兄の腕の傷の謎が残ってますね……

やっぱり、ノベライズを買って、じっくりきちんと読みたいと思います。

そうしたらもしかして、全く解釈が変わってしまうかも!

読み終えたら、また書きますね。

***********************

その後、本を読んで、私の↑解釈が間違っていたことに気付きました;
すみません<(_ _;)> 解釈し直し、書き直しました→ 小説「ゆれる」




スポンサーリンク


↓ポチっとよろしくです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう